注文住宅だから出来た、子供たちとの夢の時間

住宅づくりで、一番は採光。どれだけ明かりを取り入れられるか、とにかく大きな窓をお願いしました。
玄関も大きな窓も南向き、そして家の南側は広い空き地。光を遮るものは何もありませんでした。
家を建てる前に住んでいた借家がとにかく暗く、昼間でも電気を点けなければならないような家だったのでよけいに明るい家を望んだのかもしれません。

コーナーの出窓が東側と南側に張り出していたのですが、メーカーさんにもっと大きくしてくださいとお願いしたところ、家の構造上これが限界ですと言われてしまいました。
私もよほど必死だったのですね。

青梅に建てた戸建て注文住宅の新しい家では大きな窓から明かりが射し込み、昼間から電気を点けるなんてもちろんありません。
寒い冬場でも、窓際にフカフカのマットを敷いて日向ぼっこをすれば、ストーブなしでも過ごせました。
子どもを膝にのせ絵本を読んでいると、いつの間にか子どもは私の膝枕で眠っている…そんな夢のような時間を過ごせたのも今では良い想い出です。

「自分達の身の丈に合ったちょうど良い家を」これは家の広さとか金額とか、全てを含みます。
大きくて格好いい家でも、ローンの支払いに追われて働いて家にはほとんど居られない…。そんな話も聞いたことがあります。
子供たちに残すなら大きなおうちもいいけれど、家族で仲良くゆったりと暮らした思い出を残してあげたいものです。