子供たちがのびのびできる注文住宅を実現

我が家は私と妻、そして中学1年生の娘、小学5年生の息子の4人家族です。

まだ、娘と息子がそれぞれ3歳と1歳だった時に、福生市の注文住宅専門業者に依頼して、新築を建てました。

二人の子供たちにはのびのびと成長してほしいと願い、当初は吹き抜けのある家も考えたのですが、広さと予算に限りがあることから実現できず、天井だけをなるべく高くつくりました。

通常、家のハリを隠して天井にするところをそのままハリを出して高くしたのです。白い内装にハリの木の優しさが何とも言えずマッチして気に入っています。

建築当初はまだまだ色の薄かったハリも、今では経年変化で少しずつ日焼けして濃くなってきており、白い部屋とのコントラストがかっこよく、子供たちも喜んでくれています。

また、玄関わきにすぐ階段があり、リビングもあるのですが、子供たちが成長した時、家に帰ってすぐに自室に行かないよう、ドアはあえて設けず、ここもオープンなつくりにしました。

ドアはなくても高気密高断熱のため冬でも寒くはないため、このつくりにして良かったと今でも思っています。

家族全員に対して一人部屋を確保した

注文住宅をたてる時には、いろいろなことを盛り込みたいですね。その中には、一人だけの意見であるとなんとなく嫌な感じがします。みんなが暮らす家として、そこはやっぱり家族全員の意見を入れることが望ましいと思っています。

 

羽村市に注文住宅を建てる時に家族全員と話をしたのですが、それぞれが希望したことの一つとして、自分の部屋が欲しいということでした。主人と私は、そのように思うことは当たり前のことと思っていました。ところが子供たちも、同じことを考えていたということなのです。そのことを知って、びっくりしました。

 

それは、子供たちはまだ小さいので一人部屋はいいかなと思うところがありました。ところが小さくても、そのことに付いてしっかりと思っていたところがあるんですね。

 

仕切りをする等を考えていたのですが、仕切りだけではなく独立した部屋を作ることにしました。仕切りというよりも、独立した部屋だとやっぱりいいですね。そのようにしたことはとても良かったと思っています。

子供部屋へのこだわりについて

西多摩に注文住宅で家を建てたきっかけは二人目の子供が生まれたことでした。今までは賃貸マンションでも充分でしたが2人分の子供部屋が確保できなかったのです。建てたのは建築条件付きの一戸建てです。折り込み広告で希望条件に合致した土地が出ていたためすぐに工務店に赴き家のプランを検討したのです。土地は75平米で建物を100平米弱で建築する計画です。間取り図を入念に確認し注文したのです。オプション類が多く当初予定していた金額を大幅に上回ってしまったためローンを増額し対応したのです。

 

子供部屋を作る際のこだわりはリビングインにしたことです。玄関から階段を通り各自の部屋に入れる構造は避けました。子供が外出先から帰ってきた際には必ずリビングを通らねば部屋に行けない間取りです。これであれば親子の会話も自然に持つことができますし親の顔を一切見ずに部屋に引きこもってしまうことも避けられるのです。それと子供部屋は常にオープンになるようにドアに摺りガラスを入れたのです。後からこういったことはできないため新築時からこだわったのでした。